ブラーバ を買ったのでルンバと比較してみた

ブラーバ を買いました。アイロボットが販売する床拭きロボットです。
以前から同じ会社のルンバは愛用していました。
minami-no-miyako.hatenablog.com
minami-no-miyako.hatenablog.com
現在はルンバとブラーバを両方使っており、どちらもなくてはならないアイテムです。

買おうと思ったきっかけ

子供の離乳食が始まると、これでもかというくらい床に食事をこぼしまくる・・・毎食後に床と椅子とテーブルを拭き掃除してはいたものの、完全には取り切れず。そしてさらに外遊びをして汚れた足でその上を歩き回る。取り切れなかったご飯かす、皮脂、その他汚れなどが積み重なり、子どものお食事椅子がある周辺の床がだんだんと黒ずんできてしまいました。
これは何とかしなくては、じゃなくてロボットに何とかしてほしい、と思い床拭きロボットの購入を決意しました。

買ったのはブラーバジェットの方

ブラーバには主に2種類あり、通常のブラーバとブラーバジェットというものがあります。
簡単に違いを言うと、水拭きでの床の掃除能力はブラーバジェットの方が高いです。
しかし、ジェットは専用のお掃除シート(高い)のみしか利用できないため、市販のお掃除シートを利用可能な通常ブラーバよりもやや使いづらいです。
調べたところ、そもそもブラーバ購入の理由である床の黒ずみは通常ブラーバで取るのは難しそうだったので、ブラーバジェットの購入を決めました。

ブラーバを利用してみた結果

何回も使っているうちに床の黒ずみが取れ、床がきれいになりました!!

ルンバとブラーバの利用方法

ルンバは週5回、平日仕事に行っている間にマンションの家全体を、ブラーバは週1回、主に土曜日の午前中にリビングとキッチンのみで使用しています。ブラーバは乾拭きもできますが、私は水拭きでしか使っていません。
ルンバに関しては基本不在時にしか使いませんが、ブラーバは大体家にいるときに動かし、終わった時点でクリーニングパッドを洗濯物と一緒に洗っています。
仕事のある時の掃除はルンバにすべて任せて、休日はコードレス掃除機+ブラーバで床掃除です。

ルンバとブラーバの特徴と向いている人

ルンバは本体のサイズも、動作音も、動きもすべてが大きいため、家にいるときに使用するとかなり邪魔です。また動きがランダムで1回の動きでゴミをすべて取るわけではないので、見ていると「そこじゃない、ここを掃除してよ」と言いたくなってしまうことも。基本的には、不在時に、ルンバにすべて任せるという使い方が便利です。掃除が終わったら自分で充電スペースに戻ってくれるので、ゴミ捨てをしたり時々本体の掃除をする以外手間がかかりません。(一戸建ての場合は、2階にいるときに1階を掃除してもらい、1階にいるときに2階を掃除してもらうこともできるかもしれません。)そのため、共働きなどで一定時間家を留守にする家庭にお勧めです。特にマンション暮らしの場合、いることが多い家庭には使いづらいのではないでしょうか。私も家にいることが多かった育休中はほとんど使いませんでした(使わな過ぎてバッテリーがだめになりました。)

一方、ブラーバはルンバと比較すると、管理に手間がかかります。使う前にクロスをセットしたり、(ジェットで水拭きする場合は)水をタンクに入れたりする必要がありますし、終わった後もクロスを外し、充電したりしなくてはいけません。また、ルンバよりも一度に掃除できる面積が少なく、そもそもフローリングしか掃除できないため、家の床掃除を全部任せるのは難しいかもしれません。
しかし、ブラーバは、動作音もそこまで気にならないため、家にいるときでも使いやすいです。ただ、夫婦2人暮らしで共働きだったころは床も大して汚れないのでブラーバ買ってもあまり意味なかったんじゃないかと。小さな子供がいたらブラーバは便利だと思います。

私は基本はルンバ、プラスアルファでブラーバという使い方をしていて、とても満足しています。家の間取り、床の状態、生活スタイルなどで掃除のベストなやり方は人それぞれですね。