鼻水吸引機買いました

ここまで風邪をひかずに来ていましたが、少し前から鼻をフガフガさせるように。

耳鼻科に行って吸引してもらったところ、鼻水が大量にとれるとれる!
家でもこまめに鼻水を取ってあげたいと、鼻水吸引グッズを購入することにしました。

口で吸うタイプ

出産前に、念のためと思い口から吸うタイプの鼻水吸引グッズを購入していました。しかし、思いっきり吸わないと鼻水が出てこないうえ、(直接鼻水を吸い込むことはないものの)子供の風邪を引いた鼻腔の空気を深く吸い込むためか、母親が気管支炎ぽくなりました。(普段風邪は鼻からくるタイプで、喉に来ることは少ないです。)

保護者が倒れてしまっては意味がないので、これでは使えないと断念。

2.電動タイプ

調べたところ、なんと、電動式の吸引機があることが分かりました。

購入検討したのは以下の機種です。

  • ベビースマイル
    携帯型。パワーは弱いもののお手入れ簡単で軽く、手軽に持ち運びできる。これだけ電池式。
  • メルシーポット
    ベビースマイルと同じ会社。据え置きタイプとしては価格がお手頃、吸引力もあり、そんなに重くもなく、見た目もシンプル、とバランスがいい感じ。
  • パワースマイル
    本格的な吸引機だが、この中で一番重くて高い。ごつい。
  • スマイルキュート
    パワースマイルと同じ会社で、パワースマイルの廉価版。洗うパーツが少なくお手入れは楽そう。
  • おもいやり
    価格は高め、重さはそこそこ。吸引力は高いらしい。

この中でメルシーポットとおもいやりで迷った末、夫の勧めもありおもいやりに決めました。決め手は吸引力が高いらしいというのと、コードが収納できるというところです。

おもいやりを使った感想

鼻水は結構取れます。とはいえ、取り残しはあるような気がするのと、とるときにコツがいります。何回か吸引するうちにわかってきたのが、鼻水が取れやすい角度があり、(チューブをしばらく折り曲げて)吸引力を高めた状態でその角度で差し込むのがポイントのようです。

子供は吸っている最中は大泣きして手で一生懸命払いのけようとするのでかわいそうな気もしますが、取った後はご機嫌になるので、まあ仕方ないかなと思っています。

コードが収納できるのは地味に快適です。重さも片手で簡単に持てるし家で使う分には気になりません。お手入れは、使う前と使った後に水を吸わせて、そのあと鼻水がたまるポットやチューブなどを軽く水洗いするだけなので、そんなに大変ではないです。ただ、使い始めはポットやチューブなどを分解する際にやや力が必要かもしれません。

今のところおもいやりを購入して満足しています。