家事の省力化を考え中 洗濯編

毎日毎日だらだらと過ごしております。

子どもと過ごす時間を増やす+仕事復帰の際の準備として、毎日の家事の見直しを進めています。

 

まずは洗濯について。

 

1.洗濯という家事の特徴

使っている洗濯機、干す場所、導線の見直しによって洗濯にかかる時間は大きく変わります。ただし、必要な設備投資はお金がかかる(洗濯機の買い替え、住みかえなど)ものがほとんどなので、なかなか難しいことも。でも逆に、洗濯しやすい環境にしてしまえば短時間で簡単にできます。(逆に料理の場合、いくら最新の調理器具などをそろえたとしても、素早くおいしい料理ができるとは限らないですよね)そのため、お金の掛けがいがあるとも言えます。

さらに、子どもが生まれて予想外だったのが、洗濯物が激増したこと。家族二人の時は洗濯は数日に一回、たまったら洗おうかな~位で十分でしたが、子供が生まれてから、最低でも1日1回、1日に2~3回洗濯することも増えました。

 

2.我が家の洗濯事情

  • ドラム式洗濯機を使用し、基本は乾燥まで
    子どもを産む前から、我が家ではドラム式洗濯機を利用しています。乾燥までできるので個人的にはとても満足しています。布団や外出着以外は基本的に乾燥まで行っています。産後大変だった時も、洗濯は洗濯物を放り込んでスイッチを押すだけで済むので、精神的にもとても助けられました。ただ、汚れ落ちがいまいちだったり、においが気になったりすることもあるので、次に買い替えるときは温水洗浄タイプにしたいと考えています。

  • ベランダがあり、浴室乾燥機能付きの家に引っ越し
    妊娠中に引っ越しをしたと以前記事にしましたが、それでベランダと浴室乾燥機能付きになりました。それまで住んでいた家は、ベランダのない1階で、もちろん浴室乾燥もなし。布団などを干すときは、窓から顔を出して軒下にあるかけてある物干しざおに干していました。ただ、物干しざおの位置が割と高いところにあったため、小柄な私は布団などを干すたびに背伸びをする必要があり、とても不便でした。あのまま引っ越さずにいたら、妊娠後期や、産後しばらくは辛かっただろうなと思います。
    また、浴室乾燥も、外干しができないときに布団などを干すのに使えるので、低月齢で吐き戻しやうんち漏れが頻繁だった時はとても重宝しました。

  • 洋服は一か所にまとめて収納、畳まず丸めて突っ込むだけ収納に
    引っ越した先にはウォークインクローゼットがあったため、そこに家族3人分の洋服をまとめておくことにしました。タオルは脱衣所においてあるので、乾燥後はタオルを分けてしまってから、残りを空になっている洗濯籠にざっと入れてそのままウォークインクローゼットまでもっていき、3人分を一気に入れています。また、最近、インナーと部屋着はたたむのをやめ、ぐしゃっと丸めて突っ込むだけ!にしたおかげでさらに楽になりました。服がぐちゃぐちゃにならないよう、ざっくりと分類して仕切りを立てています。

  • 外干し後はハンガーのままクローゼットに移動するだけ
    布団類や外出着はまとめて外干ししています。干し終わった洋服は、そのまま吊るし収納です。復帰後はアイロンがけの時間を減らすため、Yシャツはノンアイロン加工の物、私自身はアイロンが必要な服は着ないことにしました。ハンカチも、アイロンがけが楽なタオルタイプにしました。

ものぐさで面倒くさがりな私でも、これらのおかげで、洗濯だけはストレスなくできています。とくに、里帰りが終わってすぐの辛かった時、料理や掃除が十分にできていなくても、洗濯だけは毎日できているんだ、と思えることで精神的に支えになった記憶があります。
家事って、どんな時でも毎日誰かがしなくてはいけない。毎日ということは、体調が悪いときも、忙しときもあります。そしてそんな余裕がない時こそ、「最低限必要な家事ができていて、整った生活を送れる」ということが家族みんなの支えになると思います。だから、普段から元気じゃなくてもこなせる家事システムを作っておければと思います。そう言い訳?しつつ、家事の手抜き方法を考え中です。

もう産後じゃない? だいぶ余裕が出てきた

出産してから5か月以上経つわけですが・・・体力も戻りつつあり、育児にも慣れました。

離乳食などもありゆっくりできる時間はあまりないですが、なんとかこなしています。もともと根暗な引きこもりタイプなので、幸いにも、毎日家で子どもと過ごすのも苦になりません。

産後はそれなりにつらかったんですけど、もうすっかり忘れてしまいました。

これまでずっと働いてきて、毎日家にいる生活は初めてで、専業主婦もいいなあと思います。平日の昼間に、掃除したり布団を干したりできるし。

とはいえ、この生活も期間限定。もう少ししたら仕事に復帰することになります。この貴重な休暇をできるだけ有意義に過ごしたいと考え中です。

とりあえずの目標はこれ

  • 体重を妊娠前に戻す
  • 仕事に復帰しても困らないよう、時短家事のやり方を考える
  • 家事をしやすいように家を片付ける

鼻水吸引機買いました

ここまで風邪をひかずに来ていましたが、少し前から鼻をフガフガさせるように。

耳鼻科に行って吸引してもらったところ、鼻水が大量にとれるとれる!
家でもこまめに鼻水を取ってあげたいと、鼻水吸引グッズを購入することにしました。

口で吸うタイプ

出産前に、念のためと思い口から吸うタイプの鼻水吸引グッズを購入していました。しかし、思いっきり吸わないと鼻水が出てこないうえ、(直接鼻水を吸い込むことはないものの)子供の風邪を引いた鼻腔の空気を深く吸い込むためか、母親が気管支炎ぽくなりました。(普段風邪は鼻からくるタイプで、喉に来ることは少ないです。)

保護者が倒れてしまっては意味がないので、これでは使えないと断念。

2.電動タイプ

調べたところ、なんと、電動式の吸引機があることが分かりました。

購入検討したのは以下の機種です。

  • ベビースマイル
    携帯型。パワーは弱いもののお手入れ簡単で軽く、手軽に持ち運びできる。これだけ電池式。
  • メルシーポット
    ベビースマイルと同じ会社。据え置きタイプとしては価格がお手頃、吸引力もあり、そんなに重くもなく、見た目もシンプル、とバランスがいい感じ。
  • パワースマイル
    本格的な吸引機だが、この中で一番重くて高い。ごつい。
  • スマイルキュート
    パワースマイルと同じ会社で、パワースマイルの廉価版。洗うパーツが少なくお手入れは楽そう。
  • おもいやり
    価格は高め、重さはそこそこ。吸引力は高いらしい。

この中でメルシーポットとおもいやりで迷った末、夫の勧めもありおもいやりに決めました。決め手は吸引力が高いらしいというのと、コードが収納できるというところです。

おもいやりを使った感想

鼻水は結構取れます。とはいえ、取り残しはあるような気がするのと、とるときにコツがいります。何回か吸引するうちにわかってきたのが、鼻水が取れやすい角度があり、(チューブをしばらく折り曲げて)吸引力を高めた状態でその角度で差し込むのがポイントのようです。

子供は吸っている最中は大泣きして手で一生懸命払いのけようとするのでかわいそうな気もしますが、取った後はご機嫌になるので、まあ仕方ないかなと思っています。

コードが収納できるのは地味に快適です。重さも片手で簡単に持てるし家で使う分には気になりません。お手入れは、使う前と使った後に水を吸わせて、そのあと鼻水がたまるポットやチューブなどを軽く水洗いするだけなので、そんなに大変ではないです。ただ、使い始めはポットやチューブなどを分解する際にやや力が必要かもしれません。

今のところおもいやりを購入して満足しています。

ワンオペお風呂、こうやってます(寝返り前)

里帰りから帰ってきて、夫と子どもと3人で暮らしています。夫は仕事があるので、当然ながら昼間は一人、いわゆるワンオペ育児になりました。そして、ワンオペ育児で最も大変なのは、お風呂です。

主にこの3点を不安に感じていました。

  • ママが体を洗っている間、いてもらう場所がない
  • お風呂の中でずっと抱っこだと、落とさないか不安
  • 冬なので冷えないか心配

 試行錯誤の末、現在は↓のような形に落ち着きました。

  1. 脱衣所へ
    着替え、おむつ、フード付きバスタオルを用意し、子どもをハイローチェアに乗せて脱衣所へ。浴室暖房と脱衣所のヒーターを入れる。
  2. ママ洗う
    子をハイローチェアに乗せたまま、自分の体を洗う。
  3. 浴室内の準備
    お風呂のふたを開け、重ねたふたの上にバスタオルをセット
    バスチェアを出して、お湯をかける
    ママの髪をタオルで拭く
  4. 子どもを浴室へ
    子の洋服を脱がせ、抱き上げてバスチェアへ置く。
  5. 入浴後の準備
    ハイローチェアの上の脱いだ洋服を洗濯機に放り込み、新しい洋服とおむつをセット。
  6. 子を洗う
    バスチェアの上で前側、抱き上げて膝の上でくるっと返し、後ろ側を洗う
  7. お湯につかる
    落としたら怖いので体にしっかり付けた状態で両手で抱え、ゆっくり湯船に移動
  8. 身体ふく
    風呂ふたの上のバスタオルに子を乗せ、体をふく。抱きかかえたときに子が濡れないように、ママの手や体もざっと拭く。
  9. 洋服着せる
    ハイローチェアに移動。ローションを塗って服を着せる。
  10. 浴室内の片付け
    バスチェア、バスタオル片付ける
  11. ママお風呂から上がる
    洋服を着て、髪乾かす。

お風呂は乳幼児の事故も多く発生していますし、危険がないように気を付けなければと思います。このやり方も、今のところうまくいっていますが、体を拭くとき風呂ふたの上に置くのは若干危ないので、寝返りはじめたらまた考える予定です。

出産しました

無事出産しました。

産むまでは、陣痛の辛さなどを想像してかなり心配していましたが、終わってみればあっという間でした。そして、自分でもびっくりですが、全然痛くなかったです。

忘れないうちに、出産の様子をまとめておきます。

前駆陣痛が長かった

上で痛くなかったと書いたばかりですが、前駆陣痛は、普通に(?)痛みがありました(そんなに大したことないけど)。

前駆陣痛が始まったのは、産まれる前々日の早朝からです。

その4日ほど前、検診で内診をした日から、少なめの出血が続いていました。また、産まれる1週間くらい前から、明け方にお腹が痛くなる症状もあり、そろそろかなと緊張し始めていたころです。

いつもならすぐ痛みが治まるのに痛みが引かず、診療時間になるのを待って病院へ行くことに。しかし、早朝には定期的に来ていた痛みが、病院についた9時ごろには、いつの間にか収まってしまいました。結局その時は子宮口1センチ開大の状態で、まだまだだからと帰宅しました。

ところが、帰宅してゆっくりしていたと思ったら、午後からまた陣痛が復活。その日の夜には、陣痛の間隔は徐々に狭まり、5~6分間隔になってきた気がしたため、病院に向かいました。ただ、5~6分間隔の時が多いというだけで、8分くらい間が空くこともあったり、3分で次のが来たりと、間隔は一定ではなかったです。また、痛みの強さは、座ってればまあ我慢できるくらいで、病院に行くときもこのまま本当に生まれてくるのか、やや迷いがありました。夜間救急で入院し、夜中じゅう陣痛に耐えていたものの、朝になると、またまた、痛みと張りがすっかり治まってしまい… 午前中にまた帰宅することになりました。

 

お尻が内側から押されてる?

2度のフライングに落ち込んでしまい、家でゴロゴロしていたところ、夕方になって、今度はお尻が内側から押されるような感覚が!お尻から何かが出てきそうな、不思議な感じで、なぜか定期的に来ます。しかも、初めはなんだか変な感じ~くらいだったのが、夜9時すぎには、何かが出てきそうな、いきみたいような、なんとも言えない激しい感覚に襲われ、立っていられないようになってしまいました。でも痛みはないし、お腹が張っている感じもないし、何度も救急で行くのは嫌だしで、なんとか翌日の診療時間までは持たせたいと、四つん這いになっておしりを上に高く上げる姿勢でひたすら耐える・・・ 四つん這いでしばらく頑張りましたが、何かが出てきそうで仕方がなく、朝まで待ったら家で産まれてしまうかもしれないと、結局夜11時すぎに再度病院へ行きました。

 

本陣痛は痛くなかった

病院でも、定期的に何かが出てきそうな感じが続いたものの、痛みは全く感じません。陣痛=激しい痛みと思い込んでいたので(たいていはそうなんだろうけど)、また帰されるのかなあと不安に思っていましたが、NSTを行ったところ、何かが出そうな感じはお腹の張りと同時に起こっていることが分かりました。なんだ、じゃあ陣痛らしきものが起こっていたのね、と、とりあえず一安心。このころになると、定期的な波がやってくるたびに全身に力を入れていきんでしまうように。でもまだ子宮口は3~4センチくらいだったので、そのたびに助産師さんに力を抜くように言われ・・・このあたりが一番気持ちに余裕がなかったかもしれません。

その後、私があまりにも大騒ぎするのを見て、おかしいと思われたのか、いきみ感が来てる時に内診してみたところ、7センチ開いていることが発覚。すぐ産まれるかもと助産師さんたちが慌てだしました。

ここからはあっという間でした。陣痛が来るたびにゴルフボールでお尻を押してもらえることになり、子宮口も開いているという安堵感から、気持ちにも若干の余裕が。

陣痛3分間隔で子宮口が全開。夫もタクシーで駆けつけてきました。何回かいきんで無事出産できました。母子手帳記載の分娩所要時間は4時間半でした。

 

結局最後まで陣痛らしい陣痛がなかった私。出産が終わった後で、私の様子を見ていた母が「見てて思い出したけど、私が産んだ時もそんな感じだった。」と驚きの一言を。

それまで産むとき痛かった?と聞いても「もう覚えてないけど、痛くなかったんじゃない?」とかしか言ってなく、私を心配させないために適当なことを言っているのかと思っていましたが、どうやら本当のことだったようです。

バースプランをどう書くか

いよいよ出産が近づいてきたため、先日バースプランを書いて、助産師さんと相談してきました。

 

私の最大の希望は、母子とも元気で過ごせる生活を手に入れたい、ということです。妊娠・出産はその第一段階だと考えています。そのために、リスクになるようなことはしたくないし、入院中はできるだけ休みたい、と思っています。また、夫が育児参加出来るようにしたい。

 

具体的にどう表現するか悩んだのですが、以下のことを伝えてみました。

  • 立会い希望
    夫自身も、陣痛時のサポートなど希望しています。ただ、自宅や勤務先から病院までやや距離があり、仕事の都合もあるので、間に合うかどうかが微妙なところ。退院後も、沐浴などのお世話をとてもやりたがっていますが、仕事の都合次第かな〜という感じです。
  • 完全母乳にはこだわらない
    産後母乳がすぐに出て、赤ちゃんがちゃんと飲んでくれれば問題ないのですが、そうでないと完全母乳は母子ともに負担になるのではないかと前々から心配していました。母乳が出る出ないのほか、哺乳瓶からしか飲みたがらない赤ちゃんもいると思いますし…(私自身は、産まれた当初、哺乳瓶のミルクはごくごく飲むけれど、おっぱいはほとんど飲めなかったそうです。ただ、母乳を哺乳瓶に入れたら飲んだのと、体が大きくなるにつれ、おっぱいからも飲むようになったとのことなので、筋力がなく乳頭から上手く吸えなかったのかもしれません。)
  • カンガルーケアは、いいと思うが、事故等が心配
    私の産院ではカンガルーケアを行なっているようですが、疲れている中で赤ちゃんの様子をきちんと見られるのか心配していました。それを伝えたところ、ケア中は助産師さんが付いているということなので、安心しました。

 

本当は希望してるけど、言わなかったこと

  • ガスケ・アプローチのやり方で分娩したい
    自然派には憧れがないので、分娩台での出産で全く問題ありませんが、産後の回復を考えて出来るだけ骨盤底筋に負担をかけないようにしたいです。骨盤底への負担を減らす方法として、ガスケ・アプローチの勧める方法で分娩できたらいいのにと思っていました。ですが、私の里帰り先ではそういった病院は見つからず、助産師さんを困らせるのも…と思い、何も言わないことにしました。
  • 会陰切開したくない
    会陰切開がものすごく怖いです。母親学級で聞いた話では、必要に応じてするとのことでした。自然に裂けるのも嫌で、会陰マッサージは行っています。とはいえ、出産は何が起こるかわからないので、なるようにしかならないだろうとあきらめました。

安産目指して、マタニティヨガと散歩などをほどほどに続けていこうと思います。

里帰りしたので、入院・産後準備を進めています。

職場が産休に入ったので、実家に里帰りしました。
胎児もだいぶ大きくなり、お腹が重くて仕方ありません。産む前にやっておきたいことはいろいろありますが、気を抜くとゴロゴロと何もせずに過ごしてしまいそうです。

入院準備と産前にそろえる育児グッズの購入は大体終わったので、部屋の片づけと安産のための運動をしないとと考えています。

実家では車移動が多くなるので、マタニティ用のシートベルト補助具(タミーシールド)をダスキンでレンタルしました。

 

入院準備

以下のものを揃えました。退院時に必要なものは、あとで持ってきてもらう予定です。

  • テニスボール
    陣痛逃し用に。産院にもあるとのことですが、一応。
  • ペットボトルストロー
    陣痛時に。産院からもおすすめされました。
  • マタニティパジャマ3着
    お腹が大きくなってからは、部屋着は夫の服を借りていましたが、里帰りしたら着られる部屋着がない事に気づきました。どちらにしろ入院時には必要だろうと、マタニティパジャマを用意することに。近くのショッピングセンターに行ったら上下で5000円位したので断念し、ネットで安いものを探し、ちょうどベルメゾンの2000円引きクーポンがあったのでそれを利用しました。。まとめ買いでの割引+2000円引きの割引クーポン(病院にあった冊子か何かでもらった)を利用し、授乳時の3着セットで6000円ちょっとで購入。
  • 授乳用ブラジャー
    マタニティブラジャーそのままです。
  • 産褥ショーツ
    経膣分娩の予定ですが、全開タイプ1枚と股部分だけ開くタイプ2枚用意しました。最初に履かせてもらうのは全開タイプにして、そのあと普通タイプのにしようかと。
  • 育児日記
    A5サイズ・リング式のものを購入。睡眠・おっぱい(ミルク)とおしっこ・うんちの項目に分かれています。どこまで続くが分かりませんが、産院にも持ってくつもり。
  • ベビーローションの試供品
    必要ないかもしれないけど、もしベビーローション塗れたら塗ろうかと・・・
  • 洗面用具
    旅行用の小さいサイズのと、試供品をもってきます。
  • 湯飲み
    落としたら怖いのでプラスティック製にしました。
  • はし、スプーン
    洗うの面倒なので使い捨ても持ってきます。
  • 骨盤ベルト
  • 授乳用ガーゼ
  • バスタオル、フェイスタオル
  • スリッパ

 

育児グッズ

里帰り中に使用する育児グッズです。
ミルクやおむつなどの消耗品は生まれてから買ってきてもらうつもりです。

  • ベビーバス
    里帰り後に持ち帰ることを考えて、リッチェルの空気式のにしました。
  • 湯温計
  • 爪切り
  • 哺乳瓶(160ml)
  • 哺乳瓶用スポンジ
  • 電子レンジ消毒ケース
  • おしゃぶり
  •  肌着一式
    短肌着、コンビ肌着、カバーオール、ベスト
  • おしりふき

ベビーベッド、体重計、ベビー布団、A型ベビーカーはレンタルの予定です。